イミニリペアセラム 美白効果

imini(イミニ)リペアセラムに美白効果はある?徹底検証&実験してみた

イミニリペアセラムの美白効果

パントエア菌LPSが配合されたオールインワン乳液、imini(イミニ)リペアセラムを使い始めて3週間くらい経ちましたが、相変わらずとても気に入っています。

 

最初は「こんな小さなボトルで2ヶ月もつのかな」と思っていたのですが、毎回2プッシュずつと決まっているうえ、朝晩の2回の使用頻度なので、1日の消費量は4プッシュ。

 

このボトルが何プッシュ分なのかはわかりませんが、太陽に透かしてみたところ、まだ半分くらいは残っているので、やっぱり2ヶ月位もちそうなペースです。

 

途中、職場のみんなに紹介(自慢?)がてら、2プッシュずつおすそ分けしてしまったので、10日分くらい一気に消費してしまいましたが(苦笑)

 

料理もいっつも目分量でつくってしまう性格なので、こんなにもちゃんと規則正しく分量を守って乳液を使ったことがなかったのですが、否応なしに決まった分を一定のペースで使える仕様だったことも、ズボラなわたしにはちょうど良かったみたいです。

 

前置きが長くなってしまってすみません。

 

イミニ リペアセラムに美白効果は存在するのか?

 

さて、表題の「imini(イミニ)リペアセラムの美白効果について」です。

 

なぜいまさらこんなことが気になったのかというと、何気なく@コスメという口コミサイトを見ていたら、こんな書き込みを見つけてしまったからです。

 

イミニリペアセラムに美白効果がある?

 

内容を抜粋しますと、

 

「2、3日で肌が白くなって綺麗になった。即効性に驚いた。」

 

とのこと。

 

52歳の方が書き込まれていらっしゃった内容なのですが、いま現在じっさいに使っているのに

 

「え、イミニって美白効果もあったの!?」

 

と知らなかったくらいで、驚いてしまったのです。

 

もともと美白効果については期待していなかった(購入時に見たホームページには、美白効果については一切触れられていなかった)ので、それが本当なら嬉しい誤算だと一瞬喜んだのですが、すこし疑問が生じました。

 

「イミニ リペアセラムに美白効果なんてあるんだろうか?」と。

 

そこで、徹底的に調べてみることにしました。

 

美白効果の意味は、大別して2つに分けられる

 

あらためて美白効果について調べてみたのですが、そもそもコスメ製品でいうところの美白効果には、2種類あるそうです。

 

ひとつは、できてしまったメラニンを除去する機能です。

 

有名なところでは、ビタミンC誘導体や、ハイドロキノンなどの成分が有名です。

 

刺激が強いため、かつては皮膚科でのみ処方されていた成分ではあるのですが、ここ最近ではシミ対策を目的とした化粧品が出回っていることからも分かるとおり、低濃度であれば配合することが許可されるようになった成分です。

 

もうひとつが、メラニンの予防効果です。

 

こちらは、もともと白い肌を白いままに保つための機能です。

 

ポーラ化粧品が開発したルシノールや、花王が開発したカモミラなどの成分が有名なのですが、こうじ菌やプラセンタエキスも、メラニンの生成を阻害する美白成分のひとつなのです。

 

このどちらかの効果が期待できる化粧品のことを、美白効果がある化粧品と呼ぶようです。

 

そこで、いまいちど、イミニ リペアセラムの全成分を確認してみたのですが、とくに美白効果に貢献するようなものは入っていないようでした。

 

水、BG、スクワラン、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、パントエア/コメヌカ発酵エキス液、水添レシチン、ダイズステロール、アルカリゲネス産生多糖体、キサンタンガム、センチフォリアバラ花油、エチルヘキシルグリセリン

 

LPSのベースになっているパントエアは美白効果の成分ではないし、キサンタンガムやスクワランも保湿効果や狙ったものなので、やっぱり美白成分は入っていません。

 

ということは、「書き込み主さんの美白効果は単なる思い込みなのか?」ということになるのですが、じつはそうでもないかもしれないとも思ったのです。

 

美白効果があると誤解された理由

 

たとえば、顔のくすみを取ってくれる「二十年ほいっぷ」という洗顔フォームがあるのですが、これで顔を洗うと、たしかに顔が明るくなるのです。

 

顔のくすみをとる二十年ほいっぷ
顔のくすみをとって肌全体を明るく見せてくれる洗顔フォーム「二十年ホイップ」

 

顔の皮膚の汚れ(皮脂膜のくすみ)がしっかり取れることで、デコボコしていた状態がツルツルした状態になるため、今まで乱反射していた光が均等に反射するようになるからなのですが、それが結果的に顔全体をキラキラと輝かせてくれることになるのです。
顔のくすみをとる二十年ほいっぷ

 

車のボディも綺麗に洗車してからワックスを塗ったときは、太陽の光がまばゆく輝きますよね。

 

あれと同じような現象が顔でも起きるからこそ輝いて、顔が明るくなったように見えるのです。

 

イミニリペアセラムで美白効果を感じた52歳の書き込み主さんも、おそらくこの状態になったのではないかと思うのです。

 

つまり、イミニリペアセラムの保湿効果と、自発的に潤う肌に正常化(肌が健康になった)したことで、顔の肌全体のキメが細かくなって光を反射しやすくなり、顔全体が明る見えるようになったのではないか?と思うのです。

 

たしかに、光がキラキラと反射するほどの、ゆで卵のような顔であれば、自然の女優ライトを当てられているようなものですから、肌が白くなったような感覚に陥るのも納得できます。

 

よって、イミニ自体に美白成分は含まれていないものの、肌を明るく見せてくれる結果は得られるということになるのではないかと思います。

 

 

イミニリペアセラム 美白効果への結論

イミニリペアセラムの成分を見る限り、美白効果はないけれど、肌が健康になる(機能が正常化する)ので、くすんでいた顔が明るくなるという副産物はあるのだと思います。

 

わたしはもともと色白なタイプではないので、いくら肌が健康になったところで浅黒肌が色白肌にはなりませんでしたが(苦笑)

 

もともと色白だった方は肌が健康になることで色白さがより際立つようになるでしょうし、、わたしのような地黒・浅黒タイプでも、素肌の潤いが増してキメが細かくなるので、明るく見えるようになる効果はあると思います。

 

じっさいに実験してみたのですが、腕の反対側(健康診断で採血するときの腕。血管が通っている側)にイミニを塗り、しっかり浸透させてから太陽の光に当ててみると分かりやすいと思います。

 

塗っていないほうの腕と比べて、キラキラと明るく見える感じが明らかに違うというが分かると思います。

 

ということで、imini(イミニ)リペアセラムに美白効果はありませんが、潤いのある健康的な肌になることで「光が反射しやすくなって明るく輝くよう見えるようなる」ということは言えるのだと思います。

 

なお、imini(イミニ)リペアセラムを使ってみた効果については、こちらでレビューしています。

 

参考情報:⇒二十年ほいっぷの紹介ページはこちら

 

⇒イミニリペアセラムの公式(半額)サイトはこちら