イミニリペアセラム 肌荒れ

imini(イミニ)リペアセラムで肌荒れの心配はないの?

イミニ リペアセラムで肌荒れの心配は?

免疫細胞を活性化してくれるLPSを配合したイミニ リペアセラムですが、肌荒れの心配はないのでしょうか?

 

結論からいえば、肌荒れのその可能性はかなり低いのではないかと思います。

 

というのは、肌荒れの原因となる成分が見当たらないからです。

 

たとえば、敏感肌やアトピー肌の人に好んで利用される化粧品に、オーガニック化粧品というものがありますが、そうしたデリケートなユーザー向けの製品には配合されないことの多い

 

・鉱物油
・アルコール
・合成香料
・パラベン
・石油系界面活性剤

 

などの添加物が一切含まれていないからです。

 

また、成分一覧を見ても、肌に負担をかけたり、刺激が強そうなものが含まれていません。

 

大半が保湿を目的とした天然由来の成分ばかりで、化学物質の類が入っていません。

 

しいて言えば、パラベンと一緒に使われることの多いペンチレングリコールという保湿剤の存在くらいですが、これとて肌や体への刺激性が極めて低く、また毒性による副作用もほとんどないとされている成分なので、とくに刺激の原因となるようなものではありません。

 

また、こちらの「イミニリペアセラムに美白効果はあるのか?」という記事でも記載したとおり、美白成分は含まれていません。

 

たとえば、ハイドロキノンやビタミンC誘導体といった成分は、メラニンの還元効果(除去してくれる効果)が認められてはいるものの、肌にとってはかなり刺激が強い成分なので、少し前までは医療機関でしか利用を許されていない物質でした。

 

このことは、逆にいえば肌に刺激を与える可能性がある成分が入っていないということを意味するので、むしろ肌が弱い人にとっては歓迎すべき内容だと思います。

 

また、イミニの最大の売りであるパントエア菌LPSは、その名のとおりデリケートな菌なので、殺菌効果が高い成分を配合してしまうとLPSの意味が無くなってしまいます。

 

つまり、イミニとしての品質を保つためには、刺激や毒性の強い成分が一切入れられないということでもあるので、肌への刺激が強い成分や物質が入っていないのです。

 

もちろん、個人差があることと思いますので、すべての人に影響がないとは言い切れませんが、一般的なオールインワンクリームなどに比べれば、はるかに安全性が高い製品だと言えると思います。

 

イミニはオールインワンクリームなので、そもそも肌荒れを起こさないために使う製品でもあります。

 

じっさい、(指でつぶした)ニキビのできてしまった部分にも塗ったこともありますが、シミるような感じはなく、乳液を塗っているだけのような感じで、後から腫れるなどの症状もありませんでした。

 

よって、肌への刺激は限りなく少ないといっても良いと思います。

 

なお、imini(イミニ)リペアセラムを使ってみた効果については、こちらでレビューしています。

 

⇒イミニリペアセラムの公式(半額)サイトはこちら